すえかね歯科医院公式ホームページ :  診療案内

Home ≫  診療案内

診療案内

当病院では、お口の中の状態、歯周病の進行状態および治療計画をコンピュータ解析して、診断しております。

虫歯は自然に治るという事はありません。
早期発見早期治療をすることが重要です。
痛みの無い治療に心がけ、自然な美しさを取り戻し、しっかり噛めるように回復させるために最善を尽くします。

 

虫歯治療

レジンの虫歯治療

現在虫歯の治療にはレジン(歯科用プラスチック)や金属(パラジウム)が使用されています。
保険適用の硬質レジンは吸水性があるため試用期間中」に臭いがついたり、変色することは避けられません。また、金属は美しさの面から敬遠される方もおられます。

セラミックの虫歯治療

他の健康な歯と同等の色調を持つセラミックを使用します。
セラミックは吸水性がないため臭いも変色もなく美しさを保ちます。また、最近ではレジンとセラミックの混合材であるハイブリッドセラミックも注目されています。

 

歯周病治療

歯周病は歯に歯垢や歯石がたまり、歯ぐきが炎症を起こし化膿して、歯を支えている骨にも影響し最後には歯が抜けてしまう病気です。

歯周病治療の流れとメンテナンス

 

インプラント

歯が抜けた場合の治療

歯が抜けた場合の治療には、健康な歯を削って土台にするブリッジ、入れ歯、人工根を埋め込むインプラント治療があります。

インプラント

歯の抜けたところに人工根を埋め込み、人工の歯を被せます。 入れ歯のように目立つ留め具がなく、ブリッジのように隣のはを削る必要もないため、見た目に良いだけでなく残った健全なはに負担をかけません。 しっかりと固定されているので自分の歯のように噛むことができます。

 

ホワイニング

漂白剤を使用し歯を削らずに白くするほうほうです。 歯や歯ぐきの状態をチェックし、悪いところがあれば先に治療します。 歯の変色の度合いや希望の白さの度合いによって、白くする方法や期間がかわりますので当医院にご相談ください。

ホワイトニング(ブリーチング)3つの方法

 

マウスガード

スポーツマウスピースは、激しい衝突を伴う球技などのスポーツで使用します。
試合中に歯列をしっかり噛み合わせておき、歯自体の損傷、歯による口内の裂傷を防ぎ、脳への振動を軽減するための器具です。

 

咬合斜面版

軽度の反対咬合(下の歯が上の歯より前に出ている状態)の歯並びを正常な位置に戻します。

 

 

ハンド・ループ

通常より、早く乳歯が抜けた場合に前後の歯の傾斜や移動による、空隙不足を防止します。

 

舌側弧線装置

1、2歯の反対咬合(下の歯が上の歯より前に出ている状態)を歯の裏に矯正装置をつけて治します。

久留米 歯科 すえかね歯科 お問合せ